シャケマ!ブログ

シャケマ!の様々なマーケティング情報発信ブログ ═Shake & Marketing Blog═

【慢性前立腺炎】自分なり症状改善・緩和6つの方法! ~基本編~

まず最初に・・・

はい!どーも!病弱のシャケマ!です!

 

今回の記事は書くかどうか、

とても迷いました。

 

なぜなら本内容は対象者が狭く、

多くの方のためになることでは無く、

 

ましてや女性には、

何のことかわからない内容でしょう。

 

また、シャケマ!は医師では無いので、

明言はできず、

 

本内容おいては

あくまでシャケマ!の場合のみに、

効果があることなのかもしれません。

 

しかし、Twitterでの検索も多く、

情報を求めている方も、

多数いらっしゃることがわかりました。

 

なので、あくまでシャケマ!のケースであり、

"参考"として読んで頂き、

 

お約束できることでは無い。

ということを前提にお読みください。

 

f:id:shakema:20200805183216p:plain

謎多き「慢性前立腺炎」に絶望・・・

ある日、慢性前立腺炎と診断をされ、

処方されたセルニルトン錠&胃薬を飲んでも、

 

いっこうに続く、

下腹部痛、会陰部痛、頻尿、熱っぽさ。

 

この炎症は医学的にも不明確なことが多く、

完治することが難しいと言われており、

 

色々なお医者さんに聞いても、

webサイトで調べても、いまいちコレ!

 

といった解決方法が無く、

絶望していませんか?

 

[慢性前立腺炎とは]

長時間のデスクワークや長時間の車運転などにより、前立腺が圧迫されるなどして、不具合が生じるとされており、近年では特に働き盛りの若い男性の間で、発症することが多いとも言われております。前立腺炎のことや、原因、症状などについては、医療機関や、ちゃんとしたwebサイトで調べましょう。あえてココでは取り上げません。

 

f:id:shakema:20200805183232j:plain

改善・緩和することができました!

シャケマ!もこの症状に絶望し、

苦しんでいたうちの一人です。

 

しかしある程度、症状を

極力改善・緩和することができました!

 

繰り返しますが、

あくまでシャケマ!の場合であり、

 

また完治ではなく、あくまで症状を抑え込み

改善・緩和できたというものです。

 

この記事では、どのように取り組み、

改善・緩和できたのかを紹介していきます!

 

f:id:shakema:20200805183212j:plain

入院、ドクターショッパー、慢性診断を経て・・・

細菌性の慢性前立腺炎と診断され、

はや2年経過しました。

 

最初は急性前立腺炎だったのですが、

抗生物質を飲みましたが治りが悪く、

4日間にわたり入院点滴をしましたが、

症状は完全に治まりませんでした。

 

シャケマ!の症状は主に

 

「睾丸痛」

「下腹部痛」

「微熱

「会陰部痛」

「吐き気」

 

これらが日替わりのごとく

襲い掛かっていました。


その後、4つ以上の医療機関

ドクターショッパーしてしまい、

何らかの原因で「腸球菌」が悪さをしている、

慢性前立腺炎とわかりました。

 

"慢性"と診断され言われたことが

 

「治すのではなく、

   上手く付き合っていくこと」

 

この言葉から治療ではなく、

改善・緩和をすることを心に決めました。

 

もともと原因や改善方法を、

様々な本やwebサイトなど穴があくまで調べ、

 

ドクターショッパーをした際にも、

お医者様に意見やアドバイスを聞いていたので、

その知識をもとに、色々と試してきました。

 

そして、今や同じ症状を持つ人や、

年配の方々からも相談を受けるまでに…!

 

ここから、自分なりに効果があった、

と思われるものを抜粋して紹介します!

 

効果があった6つの方法!(基本編)

まずはこちらの人体イラストをご覧ください!

f:id:shakema:20200805183222p:plain

赤丸印のところが前立腺器官となりますので、

ここを中心に青色部分を

 

「ほぐす」ということをしていきます。

 

この「ほぐす」をすれば、

血が巡り、炎症部分を温まり、

回復していくようなイメージを

もって取り組んでください。

 

では、ここからはシャケマ!が実践した中で、

効果があった6つのことを紹介します!

 

簡単に箇条書きにすると以下になります。

 

1.薬は絶対服用

2.極力座らない

3.スロースクワット ←これ一番大事です

4.入浴

5.腰痛に注意

6.腸内環境を改善

 

 これを分解して解説します!

 

f:id:shakema:20200805183200j:plain

1.当然のことながら、お薬は絶対飲用する!

処方されたお薬は、用法容量を守って、

必ず飲み続けましょう。

 

セルニルトン錠なんかは、

飲んでも症状が改善されずに、

効果あるのか?

 

などよく色々な

webサイトで書き込みが見られます。

 

しかし、心が折れそうになりますが、

しっかり飲みましょう。

 

シャケマ!のお薬の効果の実感としては、

軽い症状が出たときに飲めば、

次の日には痛みが抑え込まれています。

しっかり効いている証拠です!

 

f:id:shakema:20200805183208j:plain

2.地べたに座らない、椅子に座り続けない!

腰を「ほぐす」に該当します!

 

よく、長時間の座りっぱなしや、

車の運転などで、働き盛りの若者が、

前立腺を圧迫し、

慢性前立腺炎になると言われています。

 

シャケマ!もよく座布団に座り、

PC作業やごはんまで食べていました。

コレがよくなかった

一つの原因でもあったと思います。


なるべく椅子に座るようにして、

座り続けずに1時間置きには立ち上がり、

ストレッチをしましょう!

 

前立腺周りがこってカチコチになると

いけないイメージです。

 

ちなみに座る際には、

前立腺に負担がかかりにくい

座布団もあります!

 

▽王様の座布団

 

f:id:shakema:20200805183227j:plain

3.2日に1回、スロースクワット3セット!

内腿、腿、お尻を「ほぐす」に該当します!

 

正直、シャケマ!的に、

これが一番効果がありました!!

 

あまり激しい運動も人によっては

良くないこともあるらしいので、

自分の身体の様子をみながら、

 

筋トレではないストレッチの様な

スロー感覚で、スクワットを行います!

 

そうすると太ももの前と後ろあたりから、

じんわりと血がめぐるのを感じます!

 

ちなみに、シャケマ!が実践した中で、

効果が感じられた

スクワット動画がコチラです!

 

▽参考動画


正しいスクワットのやり方 ~ 【動画】1日5分で効果絶大!正しいスクワットのやり方~

 

f:id:shakema:20200805183204j:plain

4.1週に5日、入浴!

全身を「ほぐす」に該当します!

 

前立腺が弱くなる原因として、

「身体の冷え」もよく取りあげられます。

 

身体が冷えると、

特に下半身の血流が悪くなります。

 

そこで入浴です!

目安は1回あたり15~20分ほど、

入浴剤でも入れて気分よくすることで、

ストレス解消にもなる一石二鳥です!

 

f:id:shakema:20200806000459j:plain

5.腰に湿布を貼る!

腰を「ほぐす」に該当します!

 

これは持論ですが、

腰痛や腰回りの血流も、

慢性前立腺炎に因果関係が

あると思いました。

 

シャケマ!はよく痛みや鈍さが

リンクしているからです。

 

腰(ヘルニア腰痛)は下手に手を出せば、

逆に痛みが悪化してしまうこともあるので、

湿布で優しく保護していきます!

 

腰から前立腺にかけて、

スーーっと和らぐ感覚となります。

 

f:id:shakema:20200806000513j:plain

6.納豆、オクラ、長芋などのネバネバ食品を食べる!

これも持論ですが、

腸内に宿便等があると圧迫されて、

前立腺に負担がかかると感じられました。

 

また、シャケマ!の慢性前立腺炎の原因で、

先ほども記載した「腸球菌」が、

悪さをしていることから、

腸内との関係性も疑う余地もありません。

 

とにかく便秘だけはならない様にと、

食事には気を付けましょう!

 

基本編まとめ

3度の繰り返しになりますが、

これはあくまでシャケマ!の場合であって、

全ての人に当てはまるわけではありません。

 

同じ慢性前立腺炎の症状をもっている方、

その方のパートナーの方などに、

 

この記事が伝わり、

改善緩和の糸口にでもなれば、

と思い書きました。

 

なお、これは基本編としており、

まだ他にも試していることがあります。

要望があればまた書きたいと思います。

 

是非、参考にしてくださいね!